柔らかくて食べやすい白カビタイプのチーズ コバン

エゾリスチーズへの想い

チーズのある幸せな食卓を、豊かな田舎からお届けしたい

2020年春、十勝地方・新得町という日高山脈と大雪山系の間にある小さな田舎町。北海道の真ん中で私達は産声を上げました。朝焼けや夕日がとても美しい山の麓にある、オレンジ色の鮮やかなチーズ工房です。

放牧酪農家さんと二人三脚のチーズづくり

フランスのローヌアルプス地方サヴォワ県にて、牛や山羊のチーズ農家、製造所や国立乳製品学校でチーズ製造研修を受け、そこでは大自然の中で粗放的な放牧酪農とチーズづくりの伝統的牧歌的生活を体験しました。
その経験から、新得町広内地区の2軒の放牧酪農家さんとともに2人3脚で“チーズづくり”をはじめました。


放牧牛からだから分かる季節感があります

優しい風味のコパン、白カビタイプのチーズ

放牧された牛たちは、放牧地を転々とするので、乳質が変わります。濃くなったり薄くなったり。しかし、そのおかげで放牧牛でつくるチーズでは、季節を感じることができます。春のミルクには若葉の香り。夏は爽やかな中にもたんぱく質が熟成したうま味。秋のミルクにはワラやナッツのような香り。冬は濃厚なねっとりしたクリーミーさ。それぞれの季節で、魅力ある味わいの表情に変えてくれます。

チーズのあるしあわせな食卓を、豊かな田舎からお届けします

小さな子供にも喜んでもらえることが私達のチーズ作りが大切にしているコンセプトの1つです。チーズの魅力に出会ってから約20年以上、チーズの世界にすっかり魅了されています。チーズを食べる、チーズをつくる、チーズに触れる。すると、誰でも自然とほころぶくらいの“素敵な笑顔”に出会えます。不思議な魅力のある食べ物だなあ、とつくづく感じます。チーズの原料となる生乳は”幸せホルモン”と呼ばれるオキシトシンの分泌と大きく関わっている。そんな所にも幸せな食卓を作れる要因があるのかも知れません。

雪のように美しいコバン

チーズのある幸せな食卓を、豊かな田舎から。

私達のチーズにはそんな想いを込めて皆様にお届けしてまいります。